Web
Analytics Made Easy - StatCounter

小山田の「いじめ」掲載側が謝罪

 東京五輪の開会式の楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が過去の〝いじめ自慢〟を雑誌インタビューでしていた件の影響が広がっている。

 小山田は「ロッキング・オン・ジャパン94年1月号」(ロッキング・オン)で数々のいじめを告白していた。当時、同誌のインタビュアーで編集長だった山崎洋一郎氏が18日、公式サイトで声明を発表した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク